有明コロシアムにて『東レ パン・パシフィックオープン・テニス 2014』。

テニスには興味もないし知識もないけれど、とある勢いに押され行ってみた。
若年時にスポーツ狂いだったせいか、最近は敢えてスポーツ観戦は避けていたのだけれど、何にも拘りなくスポーツを観るのは気軽でいいね。

○ Svetlana KUZNETSOVA (RUS) vs [WC] Belinda BENCIC (SUI)
 スベトラーナ・クズネツォワ(露) 対 ベリンダ・ベンチッチ(瑞)

○ Garbiñe MUGURUZA (ESP) vs Anastasia PAVLYUCHENKOVA (RUS)
 ガルビネ・ムグルサ(西) 対 アナスタシア・パブリュチェンコワ(露)

今回、最初から最後まで観戦したのは以上の2試合。
親ロシア派とかテキトーに自称して、ロシア勢を応援してみたんだけど、二人とも負けてしまった…。
…嗚呼…。
まぁでも1時間以上の試合でも飽きずに観られたし、さすがプロの試合だけあって素人とは全然違うテクニックを見れたりして、仲々楽しい時間だった。

しかし主催者の拙さなのかテニス業界の独特の仕来りなのか知らないけれど、観客に全く優しくない運営で吃驚。今時こんな行き当たりばったりの運営で観客が呼べると思ってるなら、テニス業界は未だに殿様商売なのか…と他人事ながら心配になる。
注目の試合は一番観客の入るセンターコートでする、前売りでチケットを販売するならオーダーを事前に発表する(しないのはテニスの仕来りなの?)、夜間割引チケットを販売するなら事前に告知する、満席になる試合なら整理券等を発行して観客を整理誘導する、臨時イベントをするなら客を平等に扱う…なんてのは、当たり前過ぎて言うまでもないことだと思うのだけど。
うむー。勉強にはなったけど、勉強になりたくないような幼稚なことばかりだったな。

なんて運営の拙さはおいておいて…。
東京オリンピックではマイナー競技を含めて幾つか観に行こうと思える程度には楽しかった。まぁその前にルールを覚えなきゃならないのだが…(テニスは"ベイビー・ステップ"で予習した)。

2014.09.15 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/838-12fcbded