上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
東京宝塚劇場にて宝塚花組『エリザベート』観劇。

相変わらずエリザベートはドル箱公演らしくチケットは大激戦。幸運にもカード会社貸切公演で観劇できました。
エリザベートは一緒に歌えるほど回数を観ているし、歴代エリザの配役も浮かぶ。観る度に懐かしさがこみ上げて、いい点もダメな点も目につくんだけど、今回の花組エリザは全体的に無難に綺麗に纏まっていたという印象。

本公演は明日海りお演じるトートの美しさに尽きる。歴代トートでは彩輝直のトートが一番美しいと思っているが、その彩輝トートにも勝るとも劣らない美貌のトート閣下。観劇中は完全に見蕩れてた。佇まいそのものが美しい。トート役だからかも知れないけれど、指先や手の動きまで制御して異界の妖しさと美しさを表現する姿勢に感服。美しいには理由があるのだね。
蘭乃エリザは一幕ラストの鏡の間の肖像エリザが非常に美しかった。歌も悪くないしこれが彼女の娘役としての集大成なのかね。北翔フランツはいい意味で意思の弱さが出ていた。しかし北翔さんはこんなに女性っぽい人だったっけかね。望海ルキーニは時間を経て好演かもと思えてきた。ルキーニはどんなに品がなく突飛なことを言っても結局は主張のない狂言回しに終始するべしと私は思っていて、望海ルキーニのその色の薄さは存外理想的。柚香ルドルフは歌はイマイチ気味だけど見た目が綺麗。女官でコニャック云々と歌うのは真彩希帆さんでいいのかな。とても気持ちのいい歌声。マデレーネの水美舞斗さんは男役? デカい肉感的なマデレーネ。というか今回の黒天使って娘役いないのかな。男役だけで揃えるのだとしたら、それは勿体ないと思うのだけど。仙名ヴィンディッシュ嬢は狂気の薄い役作りがちょっと意外で良かった。
その他。貸切挨拶で知ったが、高翔さんが組長!になっていた(時間の流れ)。二幕開始のキッチュでの手拍子っていつからだろう、エリザに限りだが、劇中での手拍子って不自然じゃないかな。フィナーレのデュエットダンスの曲調はあれで本当にいいのか? 他のフィナーレ曲から浮いてるような気も…。

うーん、こんな感じか。ジェンヌの名前を全然知らない割に、観れば観たで宝塚は楽しいものだね。特に知っている作品だとジェエンヌの名前も探し易い。
花組は戦国BASARA辺りから縁がある組だし、明日海さんの美しさを堪能しにまた観に行こう(チケットが容易に取れれば…だが)。

2014.11.01 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/841-021666ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。