上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
中野ZEROホールにて『望郷の鐘-満豪開拓団の落日-』有料試写会。

折角、優里さんが中野に来るのにいかないのもね…と思い行ってみました。

大ホールなんてスカスカだろうと思っていたら、入場列が屋外まで延びる盛況っぷり。しかもほぼシニア層。若年層が関心を持つ作品ではないのは分かるけど、逆にシニア層が興味を持つ要因ってどこにあるのかとちょっと考えた。…が、あんまりよく分からないな…。彼らの親世代の影響? 内藤剛志のファン?

粗筋は…、終戦間近の長野、住職兼教師の山本慈昭は村長達に強く請われて満州開拓団に加わる。しかし長い旅路を経て着いた満州は事前の話とは全く違い、反日感情が溢れ物資も乏しい状態だった。そして日本の敗戦が決定し、関東軍は早々に撤退を始め、更にはソビエト連邦が条約を破り満州まで侵攻してきた。慈昭達一行は故郷へ帰る為に必死に南下するも食料も体力もなく、最終的にはソ連軍に捕らえられてしまう。慈昭はシベリアへ送られたあと故郷に帰り着くも、そこには妻子もなく落胆する。しかし時を経るうちに中国に残された者達から救いを求めるのメッセージが…という感じの物語。

山田火砂子監督の作品は三作目の鑑賞だけど、本作が一番良かったかな。それは偏に主演の内藤剛志の熱演故かも知れないが。あの脚本をここまで昇華できるなんて、なんて立派な役者。子供達の歌とか本当に不要だと思うし、作品自体妙に長いんだけど、まぁ長野〜満州〜長野〜再会、という感じで一応メリハリがあったのが良かったのかも。そして肝心の優里さんは主人公である慈昭の娘役。中国残留孤児なんだけど、パーマ頭と片言日本語で立派に中国育ちの女性だった! 感動の再会もあるし、あれなら出演する価値のある役だと思えた。良かった良かった。

しかし、折角、舞台に立った役者達に一言も挨拶させないとか(主要数人のみ)、関係者席に一般客が座って開演が遅れるとか、運営の拙さは目立った試写会だった。ただ、作品自体は本作の考えに共感するかしないかはさておき、驚くほど詰まらない…という作品でなくて良かったわ(まぁ隣席の老女は爆睡してたが)。

2014.11.14 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/843-d574dad1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。