上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ウエストエンドスタジオにてスタジオライフ『WHITE』観劇。

毎年恒例の「文化庁委託事業平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」公演。
今年の企画提案要領はコチラ。相変わらず、色々と貰えそう。

”WHITE”は久し振りの上演なのね。劇中で流れる"美チャンス"を聴くと、この曲を聴く為に”WHITE”を見に来たような気にさえなる。良い曲。作品は実際に十数年以上前の戯曲だし、古臭いと感じる部分も多いのだけど、最終的には綺麗なカタルシスがあるので観易くていい。若手公演に向いてる作品だと思う。ただ今回は役者が力一杯なのにも関わらず、全体的な印象がアッサリ気味に見えてしまったのは何でだろうか。今回観た役者達のイメージが偶々そうだったのだろうかね。



忘れがちなので粗筋。とある中学校に通う、正治、岩波、坊の三人組は先生に怒られ廊下に立たされていたが、通りがかったマドンナを追って図書室にやってくる。そこには同じく授業をサボった内気な少年の三角もいて、四人で何やかやと遊ぶことになる。坊が何も書かれていない白い大きな本を見つけたことで、ティンク、ハクション、ウィンディの妖精が現れ、更に白い本を探す強い力を持ったバオバブが登場し…とかいう感じのお話。

今回は2年B組バージョン(田中×千葉×江口×若林)を観劇。
田中三角は小さくて弱い少年が本当に力一杯変わろうとしている感じ。千葉正治はウルサくて元気な中学生、こういう勢いあるパワーは若手らしくていい。江口岩波はおとなしそうな岩波まんまのイメージ。若林坊は舌足らずなのに押しが強くて底力がある。宇佐見マドンナは常に可愛くて少年役を演じても少女っぽい、彼はすっかりライフ女優の中心の一人。大村ティンク、奥田ハクション、仲原ウィンディ、曽世バオバブはしっかり若手を支えている感じ。本日のプレイボーイ倉本さんはおっさん高校生と船堀タワーネタで攻めていてかなり笑った。それと案内に立ってた澤井君の眼力がスゴかった。

おまけのイベントは「ドキッ!男だらけのWHITE大運動会!!」。
出演者がB組チームとR組チームに別れて運動対決。合宿での戦いの再現。本棚の本戻し、ウィンク鬼ゲーム(名称失念)、体力五番勝負の三勝負。
役者が真剣に戦っている所を観られるのは楽しくもあるけれど、しかし、観客はボーッと見てるだけしかできないのが少々ツラいところ。好きな役者でもいればそのチームを応援するが特にないと厳しい(あれ、曽世さんは?)。そして客席と舞台上の温度差もあった気が…。客席を強制的に二分割してこっちはこっちの応援してね…とかにして、勝ったチームを応援した方にはなんかあげるかも…とかにしてくれれば良かったかも(結局何もくれなくてもいいので)。

2015.05.21 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/858-21db98b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。