NHKホールにて『Salyu TOUR 2015 Android & Human Being』。

前回に続き、またも小雨がパラパラと降るNHKホール。
ツアー最終公演ということもあってか、客席はほぼ満席。

01:共鳴(空虚な石)
02:エロティック
03:landmark
04:イナヅマ
05:風に乗る船
06:Dramatic Irony
07:VALON-1
08:先回りして1
09:非常階段の下
10:リスク
11:心の種
12:有刺鉄線
13:先回りして2
14:フェスタリア
15:カナタ
16:THE RAIN
17:希望という名の灯り
18:先回りして3
19:アイニユケル
E1:Lighthouse
E2:to U

今日のSalyuの声は外すことも絡むことも少なくて結構好調。
バンド音と張るため声を酷使して枯れてしまう…という推測を裏付けるかのように、比較的静かに丁寧に歌ってる曲達の印象が良かった。具体的に言うと"09:VALON-1"(今日テンポ遅くない?)、"12:リスク"、"13:心の種"(アルバム内一番の捨て曲だと思っていたのに…)、"15:先回りして2"。特に"心の種"は倉敷の頃とアレンジを変えてピアノ伴奏だけにしたのが功を奏していたのかも。毎度ラストの"E2:to U"は眼を閉じて聴くとSalyuのナマ歌の有り難みを感じられていいかもと思う(曲の有り難みはそんなにない)。
それと今日は2Fの下手端席だったせいか、Salyuの歌を聴きにいったのかドラムを聴きにいったのか分からないほどドラムのドスドス音を体感してしまった…(特に嬉しくない)。大きい会場は座席位置によって聴こえ方が全く変わってしまうのがツラいところ…(-_-)

今日もMCは殆どなかったけどアンコール演奏前に、"好きな歌が続けられるのも皆さんが興味を持ってライブに来てくれるから、今日も様々な挑戦をすることができた、ありがとうございます、これからも自分なりに進んでいきたい、よろしくお願いします"…というようなことを言っていた。

…ということで、2015年"Android & Human Being"ツアー終了。
倉敷まで行ったお陰か少し思い入れのあるツアーになった。Salyuは声の変調も含めて今が変わり時なのかな…とぼんやりと思う。今回はSalyuの声の弱さが出てしまったツアーで、年齢的なものやその時の状態によるものもあるだろうが、Salyuの歌声は常に完璧ではない…と聴き手がハッキリと認識してしまった。
そんな好不調の波が激しい中で、今日は有終の美を飾ったといっていい内容だったのではないかな。全てが完璧ではないにせよ、Salyuの力強くて美しく優しい歌声が聴けて良かった。まだまだSalyuはいける…と私は思ったよヽ(´ー`)ノ

倉敷と一緒だけど、サポートメンバーメモ。
Gt:名越由貴夫、Ba:キタダマキ、Dr:あらきゆうこ、Cho:ヤマグチヒロコ、Bandmaster&Key:小林武史



2015.06.19 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/861-af25bb5d