下北沢GARDENにて『a brand new concert issue "minima" Salyu×小林武史 -session1-』。

何を血迷ったか、両日聴くことになったので、先ずは一日目。

01:emergency sign
02:リスク
03:エロティック
04:landmark
05:be there
06:悲しみを越えていく色
07:カナタ
08:夜の海 遠い出会いに
09:Dramatic Irony
10:パラレルナイト
11:彗星
12:Dialogue
13:イナヅマ
14:THE RAIN
15:I BELIEVE
E1:Lighthouse

懐かしい曲がチラホラ混じる、minimaならではのセットリスト。
"01:emergency sign"をライブで聴くのは何年振りか…と懐かしく思っていたら、Salyuが舞台袖をチラチラ見る→譜面台には何もない→途中でスタッフから歌詞を受け取るという一連の流れ…。"02:リスク"は実はライブ映えする曲ではないかと思い始めている。いきなり"03:エロティック"でリリイ曲を入れ込む妙。"04:landmark"はスローテクノっぽい雰囲気で、Salyu自身もループマシンを弄りつつ多重音声的に声を操る。"06:悲しみを越えていく色"はポジティブモード側の代表曲だと勝手に思ってる。"09:Dramatic Irony"はスローテンポで静か目に。"12:Dialogue"はリズム音からの荘厳チックな珍しい入り方。"14:THE RAIN”は後半の低音部分が高音に…。アンコールは最近いつもこれでお別れしてる…とかいうので、"to U"かと思ったらなんと"E1:Lighthouse”で安堵した、この曲は既に安定曲の域。

今日は整理券番号が比較的早かったので、下手側前方にスタンバイ。Salyuの姿はよく見えたが、前過ぎて歌を聴くという意味ではイマイチだった…(つい)。更に、下手側ということで、あらきドラムを身体全体で感じるのだった…(ドスンドスン)。
そして中央付近の最前列にはノリノリの女性がいた。Salyuの曲(be thereとか)でどうしてそこまでノレるの!?と思ったが、Salyuを見るとほんのり照れ苦笑い。そのせいなのか、仕切り直し的にMCの位置が変わった模様。またラスト近くの"イナヅマ"で、珍しく手拍子が起きたのも多分その辺りのお陰じゃないかと思ってる。こういうライブも偶にはいい。

MC。今日は”05:be there”の後に。Salyuは…、久し振りに歌う曲が一杯ある。"emergency sign"は久し振り過ぎて歌詞が飛んでる。自分は緊張しい。不安だったのが仇になって忘れ物した。歌詞を置いてきた。小林さん引き笑いしてた…。次にコバタケ氏…、面白い始まり方だった。バレバレ。今回の編成のミソというか秘密は、ゆうこと二人で屋台骨から表現を全部やってる。上手くいくか不安。左手はベース。これは昔The Doorsがやっていた。今日はこの先、更に熱い物を届けられると思う。…とかそんな感じ。

…ということで、一日目終了。minimaに相応しい、レア感のあるライブで楽しかった。

※演奏者メモ:Vo:Salyu、Key:小林武史、Dr:あらきゆうこ




2015.12.07 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/879-102f75d0