上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
下北沢GARDENにて『a brand new concert issue "minima" Salyu×小林武史 -session1-』。

月曜開催の一日目から、火曜水曜飛んで、ラストの木曜二日目。

01:emergency sign
02:リスク
03:エロティック
04:landmark
05:be there
06:悲しみを越えていく色
07:カナタ
08:夜の海 遠い出会いに
09:Dramatic Irony
10:パラレルナイト
11:彗星
12:Dialogue
13:イナヅマ
14:THE RAIN
15:I BELIEVE
E1:Lighthouse

今回のminimaは、Vo:Salyu、Key:小林武史、Dr:あらきゆうこという、この編成でしか出来ない、独特で多彩なアレンジに尽きる…かな。いつもとは異なった表現で魅せる。その表現力の高さや幅広さや意外性に圧倒された。実力者が集うと、少人数でもこれだけのモノが聴けるという貴重な体験。
…とはいえ、今回のセットリスト、珍しいけれどそれほど心躍らなかったのも事実。きっと思い入れの少ない曲が多かったからだろう。個人の嗜好の問題だから仕方ないのだけれど、その点だけは少々口惜しくも思う。

今日は2回目だけあって、良くも悪くもダイナミックな演奏になっていた。Salyuの歌声も、全体な調子は1回目の方が良かったけど、伸びやかさや開放度という意味では2回目が上回っていたような気がする。それと、今日は番号が良くなかったので、空き気味の上手側で聴いていた。Salyuの姿が見えづらい代わりに、ノリノリで演奏を楽しむコバタケ氏の姿はバッチリ見えた…。楽しそうで何より。

今日のMC。段取り通り"06:悲しみを越えていく色”の後。
Salyuからは、ワンマンスタンディングは何年振りか。小さい人は見えますか、大丈夫?。今回のminimaセッションはピアノ、ボーカル、ドラムで仲々見られない編成だ…と短めに。コバタケ氏からは、密かにやりたかった。初めての試み。左手を駆使してベースを。シンプル。肉体感、一体感、暴力的に自由自在にやれる…とか言ってたかな。あと、MCに関係ないけど、Salyuがゴールドの足袋ブーツを履いていたのが、オモシロくて印象に残った。

…ということで、minimaライブ終了。
1回目は客のノリが良かったのでライブを楽しむという意味で良かった。2回目はじっくりと演奏に浸るという意味で良かった。
ふむ…、両日夫々に良い所があって、良かった良かった。




2015.12.10 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/880-e285eab3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。