上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
松山市民会館にて『サカナクション SAKANAQUARIUM2015-2016 "NF Records launch tour”』。

道後温泉と松山城とミートソースとからあげと労研饅頭と、
そして一番はサカナクションのライブを目当てに、愛媛県松山市へ行ってきた。

01:ナイトフィッシングイズグッド(Iw Remix)
02:アルクアラウンド
03:セントレイ
04:表参道26時
05:Aoi
06:スローモーション
07:壁
08:years
09:ネプトゥーヌス
10:さよならはエモーション
11:ネイティブダンサー
12:夜の踊り子
13:ホーリーダンス
14:SAKANATRIBE
15:アイデンティティ
16:ルーキー
17:新宝島
E1:グッドバイ(Next World Remix)
E2:ミュージック
E3:モノクロトウキョー
E4:白波トップウォーター

B列のチケットを持って座席に行ったら、なんと最前列だった…。
いつも後方か中盤で大人しく聴いている身としては、結構な戦慄体験…。
以下余談だけど、サカナクションは以前もZEPPで一桁番台が当たったので、FC会員に優先的に良チケットを配分しているイメージがある。金を出すファンに報いる姿勢はFCとして真っ当だなと思う(→是非、SalyuFCも参考に…)。

で、前方席に拘ることはないけれど、サスガに視界に邪魔するものが何もない環境というのはスゴイ! 草刈さんや一郎他メンバーが目の前で演奏し躍動している姿を、視界一杯で見られるというのは仲々貴重な体験。これ、DVD映像じゃないんだ!…みたいなミーハーな感じも含みつつ…。当たり前に頻繁に楽器交換をしている姿とか、この目で見るまで全然意識してなくて、あのサカナの演奏が生モノなのだと改めて実感した。個人的には、最前列なんて二度と無くていいんだけど、でもこの感覚を一度は体感しておいて損はないなーと思った。

セットリストは曲の入替えが少しあるけど武道館とほぼ同じ。あと演奏順が幾つか変わった模様。結構ノリ易い曲構成。
なぜか"04:表参道26時"が追加されていたのが嬉しい。"05:Aoi"は鉄板のノリノリ曲。"06:スローモーション"は愛媛って雪降りますか?という一言から。"07:壁"は武道館と同じく照明を消し真っ暗な状態。音が染みる。"10:さよならはエモーション"は何故あんなに都会的な郷愁を誘うのか。オイオイの煽りは苦手だが"12:夜の踊り子"は踊り子さんが出てくるだけでテンション上がる(前も書いた)。"14:SAKANATRIBE"はややカオスっぽい所が面白い。"E3:モノクロトウキョー"は当地に合わせてマツヤマで。

MC。武道館の時に比べたら段違いにリラック感のある語り。ツアーで慣れただけかな。
モッチ、みんな楽しそうで良かった。エジー、さよならはエモーションが良かった。ザキオカさん、スローモーションの拍手が良かった(?)。草刈さん、期間が空いたし初めての場所なのにこんなに来てくれて嬉しい。バンドと母の両立はみんなに助けて貰ってる。イチロー、ホールは対峙するから緊張する。みんなの顔ハッキリ見えてる。自分達は音楽で生活してきた、聴いてくれている人のお陰。CDやライブだけじゃなくリスナーと繋がっていきたい。NFレコードを立ち上げたので、瀬戸内でも必ずNFイベントをやる。新しいアルバムを作って松山に帰ってくる。…とか、そんな感じ。

サカナクションは愛媛初上陸だったそうだけど、そんなことを感じさせないほどノリの良いライブだった。グッズの先行販売に行ったらリハの音が聞こえてきたり、グッズをのんびり眺めたり、開演前の場所取りがなかったり、メンバーのノリノリで楽しそうな姿を間近で見られたり…と、地方のホール公演だったからこその良さが盛り沢山。
…ということで、本当に楽しいライブだった。行って良かった、松山公演ヽ(´ー`)ノ





2015.12.04 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/881-13cb633c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。