シアターサンモールにてスタジオライフ『PHANTOM -THE UNTOLD STORY』観劇。

"PHANTOM"の連鎖公演。
連鎖公演のダブルキャストって本当に見づらい。いつどれを観たらいいか分からず途方に暮れて、前売申込を放棄してしまった(申込用紙が手元になかったのも原因だが)。なので急遽チケットを入手しての観劇。熟し切れていない初日は苦手なのだけど、仕方ない。

忘れるから粗筋。二目と見られぬ程の醜悪な顔を持って生まれたエリック。母から疎まれ顔に仮面をつけ誰とも会わない生活を送っていた。エリックは歌やピアノや建築等の様々な分野に於いて類い稀なる才能を有していた。しかしそんな才能が活きる機会を得ようとすると、彼の醜悪な容姿によって他人との交流がままならず、自身と周囲を傷つけてしまうことに…という感じ。

相変わらず暗くて重い話。エリックが僅かな希望を見出すがその希望が容赦なく潰される…の連続。うへー。ただ倉田さんの演出は流石に上手くて、残酷になり過ぎず端正な一線を保つような空気があった(あ、でもルチアーナ落下の演出はないよ)。また舞台装置は、八百屋舞台に半円形の壁があって、そこに背景の絵を投射して場所等の変化を出すカタチ。写真だと安っぽさがあるけれど絵だと雰囲気を損なわないで良かった。
ただ今回の舞台を観て、初演の林エリックがちらついた…。退団の事情は知らないけど、戻ってくればいいのにと無い物ねだりをしてしまった。

以下、簡単に役者の感想。PartⅠ Auberチーム。
芳樹エリックはとにかく子供っぽくてエキセントリック。閉鎖空間で人と交わらず生きてきた人間がどう成長するかは分からないけど、こういう雰囲気も有り得ると思える。が、やはり少し煩い。笠原ジョヴァンニは人格者なのに一点父親としてだけはダメな部分を持つという人の弱さが良く分かる役作り。関戸マドレーヌは常識の範囲を抜け出せない女性の一面が強く出ていた。奥田ジャベールは野卑で傲慢。久保ルチアー二は若さ故の愚かさと美しさ。深山オルカは何だか久し振り。田中デューニカは絵的になのか何なのか妙に印象に残った。

今日は初日の特典で役者挨拶あり。
細かい内容は覚えてないけれど、夫々、今後ひと月に亘る公演に向けて、覚悟と豊富を語る人が多かった。

…ということで、結局”PHANTOM”はこの一度だけしか観られなかった。最初にも書いたけど、話の流れがある連鎖公演(1→2)は観る順番が難しい。そしてタイミングを逃すと観劇できないで終わる。公演としては成熟するけれど観劇はしにくいという状態は、連鎖公演の功罪だな…と思った次第。





2015.11.11 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/886-a6169819