上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
ビルボードライブ東京にて『a brand new concert issue "minima" Salyu×小林武史 -session2-』。

久し振りのビルボード東京。敷居が高いのか低いのか分からないのは相変わらず…。

01:回復する傷
02:エロティック
03:飽和
04:name
05:コルテオ~行列~
06:夜の海遠い出会いに
07:landmark
08:カナタ
09:THE RAIN
10:to U
E1:Lighthouse

以上、全11曲。曲数少ない。
今日のSalyuの声の調子は、悪くはないんだけど良くもない感じ。いや、あれを悪くないと言うのは調子の良い時のSalyuに失礼か…(回りくどい)。
今回はminima sessionの第2弾。とはいえ、Salyuのサポートメンバー常連の名越由貴夫氏が参加なので、そこまで新鮮味のある内容ではなかったかも。演奏内容はスゴイのだろうけれど、聴く側としては彼らの演奏に安心し切って普段通りのように聴いてしまう…。

新生リリイの3人なんだからリリイ縛りで…との願望通り、冒頭はリリイ3曲。アレンジは新鮮なのだが新鮮過ぎて一瞬受け入れ難い…。"01:回復する傷"はSalyuの声が浮遊するかのよう。"03:エロティック"の前半はコバタケ氏の力強くて格好いいピアノと伴に。"04:name"は一青曲のせいか相当の久し振り感があり懐かしい。"06:夜の海遠い出会いに"はライブ映えする名曲なんだけど、コバタケ氏が絡むライブでは演奏し過ぎでサスガに食傷気味。"07:landmark"も"08:カナタ"も同様で、良いんだけどもう一捻りを!という感じ。"09:THE RAIN"は後半のメイン曲に据えるだけあって勢いがあって盛り上がる(低音部分は実声で高音を歌ってループマシンで低音流してたのかな…)。そしてトリの"10:to U"は一曲損した気分になるから出来れば止めて欲しいのだが…。

ビルボードはチケットさえ取れればラクだから嫌いではないのだが、私はSalyuの歌を聴きながら飲食をしたいとは思わない。そこが会場のコンセプトと聴き手のギャップになっていて、今ひとつ満足感が低かったりする。そして、そもそも曲数が少な過ぎるのが最大の難点。安くないチケット代を払って10曲超じゃね…。もっと聴かせろ!と暴言を吐いてしまいたい。







2016.02.09 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/889-0a5f2d70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。