下北沢ラ・カーニャにて『湯川潮音&栗コーダーカルテット ペルー帰国ライブ』。

出発前ライブは行けなかった(行かなかった)けど、今回は会場限定CDにつられて行ってみた。

01:風よ吹かないで
02:しずくのカーテン
03:birch
04:We'll see
05:光の中の家
06:The Water Is Wide
07:砂山
08:役者
09:裸の王様
E1:浜辺の歌
E2:ツバメの唄

久し振りの楽しいライブだった。楽しい音に栗コーダ他の皆さんの独特の温かさが加わって、余りの心地好さに眠気を誘われてしまった(寝不足とかではない)。

ライブは2部構成。1部は栗コーダ+桜井芳樹+イトケンの各氏での演奏。2部はシオーネが加わって…という形。そして海外招聘公演のセットリストだからか、シオーネの鉄板曲や民謡などがあって、聴いていて楽しかった。
"02:しずくのカーテン"のラスト上げはライブ感あって好き。"03:birch"や"04:We'll see"のように取っ付き難い曲も栗コーダ他の皆さんが演奏するとほんのり温かみを感じるのが不思議。"05:光の中の家"はモデルの家に思いを馳せて演奏以上にドラマチックに感じる。"06:The Water Is Wide"はシオーネの歌声に栗コーダの素朴な笛の音が重なって心に染みる…。"09:裸の王様"はいつ聴いても名曲。満員の客席を避けてそのまま残ったアンコール、"E1:浜辺の歌"は2番をスペイン語で! 童謡はシオーネの声によく似合う。"E2:ツバメの唄"は珍しく客席の手拍子もあって大いに盛り上がる。

お喋りが楽しい栗コーダーの皆さんにつられてか、MCもペルー公演話を絡めて色々と…。
シオーネ以外は虫刺されが酷かった、正体不明のおばさんにハグされ挨拶の練習をさせられ…、高山病で川口さんがお腹パンパン病に、今年光の中の家は解体するが曲にしたからもうここにある、ペルー産の手作りCD、CDサインに桜井さんのものが一つ…等々。

やっぱり楽しいライブはいいよねー。心持ちが軽くなる。こういうライブにもっと沢山行きたい。




2016.03.16 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/890-9187433a