吉祥寺キチムにて『湯川潮音 小部屋ツアー 東北編 2016』。

01:理由
02:We'll see
03:しずくのカーテン
04:渡り鳥の三つのトラッド
05:恋は月をめざして(The Voyage of the moon)
06:長い冬
07:birch
08:役者
09:ニューヨーク
10:エデンの園
11:ハイエナのイエナ
12:六十年後の灯台守
13:キルト
14:ワルツの亡霊
E1:裸の王様

数年前の西日本小部屋ツアーを思い出させるライブだった。
今回のサポートはその西日本ツアーからの縁という松本舞香さん(Vn&Cho)。
ニューヨークから一時帰国しての久々のライブだけに、新曲も聴けるかと期待したのだが、セットリストは今までと余り変わらず…。アンコールで"裸の王様"の英語版を余興的に演奏してくれたのは良かった。…けど、この一曲では物足りない。創作活動はこれからなのかね。"セロファンの空"から一歩進んだシオーネの歌を早く聴きたい(熱烈待望)。
なので、今日はいつもと同じ理由で、"03:しずくのカーテン"、"E1:裸の王様"が良かった。彼女の定番曲達の完成度の高さには毎度聴き惚れるばかり。

MCメモ。昨日NYでライブした、半分位現地の人、今スゴく眠い、栗コーダーとマチュピチュに行った、笛吹くの大変そう、お腹パンパン病、ステージに医者が来てくれた…とか。

この日のライブ、ライブ内容はとても良かったんだけど、オモチャみたいな客椅子と店員の下手な応対が気持ち悪くて、最終的な印象がかなり悪かった。だからずっと感想を書く気になれなかったのかも。音楽を聴く環境って大事だな…と改めて思ったライブだった。



2016.01.19 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/892-57d37218