上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
新宿LOFTでの『スペースシャワー列伝 第四十七巻 ~恋々の宴~』に行って参りました。
おぉ…ライブハウスって男性が前だと視界が塞がって全然見えんのね…(当然)。一組目の矢野絢子さんは顔すら拝めなかったので、次第に前へ前へで(背の順希望)結局二列目で見てました。二組目は高鈴というアコースティック系ユニットで、これが思いの外ステキ。『リトルダンス』という曲が良かったのでCDも購入。世の中に歌の上手い人って大勢いるのね…、3月のライブもやや行きため。
そんでラストはSalyu。うーん…思った以上にパワフルな内容。CDは歌に焦点当てつつ綺麗な所を集めて纏め上げてるのね。でもそれはライブでの歌声が雑って事では決してなくて、生で聴くと非常に強くて伸びやかな声なのですよ。バックバンドの音ガンガンなのに全然負けない程に。それと私はLily Chou-Chou時代の曲に殆ど魅力を感じてなかったんだけど、ライブで聴く限りはSalyu時代よりもいいのかも知れない。その感覚の変化がすんごく不思議。

01:アラベスク
02:エロティック
03:飛べない翼
04:VALON-1
05:彗星
06:Dialogue
07:Peaty

曲順はこんな感じだったような…。歌ってない時はユラユラしたり口パクパクしたり…オモシロイ…(ヘンとも言う)。新曲『Peaty』はポジティブな曲だし、『彗星』は名曲でした。タブン会場内7割方は Salyu目当てだったハズだけど、確かにエンタメ感は格段に強かったと思う(コバタケいたし)。一つ残念だったのはバンド音がデカかったコトで、絶対的に魅力的な歌声と張る意味あるのか?(←音量の問題)…とね、そう思うけど、そこがライブ慣れしてない人間の感想なのかも知れないです。
2005.02.18 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/9-7d3a805a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。