上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
3/19の話。

杉並区立桃井原っぱ公園にて『西荻ラバーズフェス 湯川潮音ライブ』。

01:緑のアーチ
02:しずくのカーテン
03:新曲(映画"ターシャ・テューダー 静かな水の物語"より)
04:birch
05:長い冬
06:渡り鳥の3つのトラッド
07:光の中の家

青空の下でシオーネを聴くのは久し振り。
屋外の開放感と美しい歌声が程よく相俟った、楽しいライブだった。

"01:緑のアーチ”の久し振り感になぜか吃驚した。02:しずくのカーテン”の爽快感ある演奏を聴いて、私はこういう曲(ライブ)を聴きたいのだなーと思う。"03:新曲”は4月公開の映画"ターシャ・テューダー 静かな水の物語”の為に作った音楽とのこと。英詩で穏やかな優しい雰囲気の曲。”05:長い冬”は冬が去った今だからこそこの曲の冬っぽさが染みる。”06:渡り鳥の3つのトラッド”で吉野友加さんのハープに痺れてしまった。あんなに優雅で美しい音色なのにスゴい格好良い。”07:光の中の家”は、今日はこの曲のモデルになった祖母の家を改装した時にお世話になった親方がきている…と言ってから演奏。とても良い歌声。

MCは幾つかあったけど印象的だったのは…。
友加さんとは15年位前から演奏している。友加さんは妖精とか言われがち。私の若い頃のキャッチコピーは"振り返れば天使がいた"だった。天使と妖精。年齢を重ねると行き先は妖怪しかない。フジコヘミングさんや黒柳徹子さんみたいな妖怪になれたら本望…等々。

風と砂塵がスゴくて砂まみれになったけど、楽しいライブだった…(*´-`)♪





2017.05.13 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://sccl.blog6.fc2.com/tb.php/904-e28e9800
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。